コワーキングスペースにDell プロフェッショナルシリーズ P2419HC 23.8インチワイド USB-Cモニタが10台もやってきた!!


こんにちは!新宿区高田馬場にあるシェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjukuの岸です!

2019年が始まったと思ったら、あっという間に1月も終わりそうな今日この頃…。
まだまだ数年後だな…と思っていた東京オリンピックも来年に控え、時が経つのがさらに加速しそうです(笑)
ですので、私はマイペースに…というと、本当にマイペースなってしまうので(笑)、少しスピード感を持って頑張っていきたいです!(^^)

年末年始にかけてCASE Shinjukuでは、プチリニューアルが行われていました!!
本棚が部屋の角に設置されることによって、とっても広々とした空間になりました。
開放感が増しましたよね!

そして、このプチリニューアルの一環として、

「2018年12月末より、モニターが、コワーキングスペースに10台追加されました!!」

10台のモニターが納品された様子。ここだけビックカメラ!(笑)

というわけで、今回は新しくやってきたモニターのご紹介をしていきます!

Dell プロフェッショナルシリーズ P2419HC 23.8インチワイド USB-Cモニタ

もともと2017年の夏に、シェアオフィスに10台の新しいモニターを設置しました。
最初は使う方が少なく、余っているのでは…、という状況だったモニターたち。そこで、コワーキングスペースでも置くことになりました。
その途端に、徐々に使う方が増え、現在では数が足りなくなってしまうほどに人気となりました!

そして、この度「いつ来てもモニターを借りることの出来るコワーキングスペースに!」ということで、さらに追加で10台導入されました!
以前からあるPHILIPSのモニターはすべてシェアオフィスに設置し、新しく導入されたモニターはコワーキングスペースに導入されています。

今回導入されることになったのは、Dell プロフェッショナルシリーズ P2419HC 23.8インチワイド USB-Cモニタ
PHILIPSのモニターと比べてしまうと解像度など、少し性能は劣るものの、とても使いやすい最新のモデルです。

ぜひ、ご活用ください!!

USB Type-Cに対応!!

このモニターの最大の素敵ポイントではないでしょうか!
Type-Cに対応しているというのは、大きなメリットです。

macのPCのみならず、WindowsのPCにも、多く採用されている「TypeーC」。
今や、最新のiPad ProもType-Cが搭載されました。

このTypeーCケーブル一本で接続が可能になります!
・電源供給
・映像出力
・データ出力
これらが、一つのケーブルで出来るようになるので、とても便利です!!
モニターから何本もケーブルが出ていると、とても煩わしいですし、やはり邪魔。
それが1本で済むとなるとかなりスッキリをします!
デスクも広々使えて、いいことづくめです(^^)

このようにType-C対応のPCだけでなく、最新のType-C対応のiPad Proもお繋ぎいただけます。

今後、モニターのスペックとして、TypeーC対応しているかどうかが、とても重要になること間違いなしです!

電源内蔵で持ち運びも楽々!

ケーブルから伸びた、ちょっと重い電源。これが結構持ち運びの際に煩わしさの原因だったりします。
自宅で使われる場合は、持ち運ぶことがあまりないかもしれませんが、CASEで使っていただく場合、持ち運びはご自身でお願いをしています。
その際に、重い電源があると、邪魔になってしまって、引っかかりや落下の原因になります。

そんな時にこちらのモニターですと、本体に電源が内蔵されているので、そんな煩わしさを感じることなく、持ち運びしていただけます!

電源が内蔵されていても、このコンパクトさ!

PHILIPSのモニターですと、電源とモニター本体を別々にお持ちいただいていましたが、こちらのモニターでは、そんなことはございません。
少し重さはありますが、私でも無理なく持てる範囲内ですので、これは嬉しいポイントですね(^^)

台座が小型化し、モニターフレームもより薄く!

アーム部分の台座が小型化し、モニターもより薄型になったため、狭いスペースでも無理なく使うことが出来ます。
デスクを広く使うことが出来るようになると、作業もしやすくなりますので、とても便利です!
作業スペースが確保されないと結構ストレスですよね(><)

また、フレームもとても薄く、フレームの存在感があまり気になりません。フレームの存在感が画面の狭さを強調してしまうことってあると思うのです!私は、iPhoneのフレームが薄くなっていく様子をみて、それを感じます(笑)
フレームの大きさで、見やすさも結構変わってくると思います!
また、2つのモニターを同時に使う場合でも、2つをぴったりつなげて使うことが出来ます!!

都内の多くのコワーキングスペースやシェアオフィスが、備品としてモニターを設置していると思います。
ですが、別途料金がかかってしまったり、台数が足りず使うことが出来なかったりすることも!
しかし!CASE Shinjukuでは、そういったことがないように、余っているのでは?くらいの数のモニターを用意しています(笑)
モニターを絶対に使いたい!という方は、CASEに来ていただいて間違いはないと思います!!

普段、モニターを使って作業されない方も、一度モニターを使って作業してみてください。とっても快適ですよ!
モニターの快適さを知ると、逃れられなくなります(笑)

次回は、このモニターの使い方について説明をしていきたいと思います!

では、新宿区高田馬場にあるシェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjukuの岸でした。
お読みいただきありがとうございました!

以前記事はこちらからご覧ください!
現在、シェアオフィスに設置されているPhilipsのモニターのご紹介です。


この記事を書いた人

岸 奈津実

岸 奈津実

いつも、CASE Shinjukuのサイトをご覧いただきありがとうございます!

CASE の良さを少しでも皆様にお伝え出来るように、ブログ記事を書いたり、皆様とコミュニケーションをとっていけたらと思っております!
至らぬ点も多々ありますが、どうぞよろしくお願いいたします(^^)

小さい頃からクラシックバレエをやっていたので、音楽を聴きながら身体を動かしたり、踊ったりすることが大好きです。
また、いろいろなジャンルの音楽を聴くのが好きなので、オススメがあればぜひ教えてくださいね!!(「゚Д゚)「

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。