博多 まっかな苺のラングドシャ CASE Shinjuku いただき物語 その113


CASE Shinjukuの動画制作などで大変お世話になっているMikoshi Japan,Inc.の戸田さんより、福岡土産をいただきました!

どうもありがとうございます!

博多 まっかな苺のラングドシャって?

パッケージがとってもかわいい上、ネーミングもかわいいこちらのお菓子は、福岡県産のあまおう苺を使用したラングドシャです。

「博多 まっかな苺のラングドシャ」の公式ホームページで、輝かしい栄光を掲げているのを発見!
モンドセレクションを3年連続で受賞しているらしいです!すごいですよね!

しかし、よく耳にする賞ではあったものの、モンドセレクションがどんなものに贈られる賞なのかは、ちゃんと知らなかったので調べてみました。

モンドセレクションとは・・・

モンドセレクションは、他のコンテストやコンクールとは異なり、
製品同士が比較されることはありません。
専門家審査員は、各製品固有の特性を考慮に入れ、多種多様な判断基準に沿って製品全体に対する評価を行います。

1961年の設立以降、モンドセレクションは数々の消費者製品を試験、評価し、優秀品質ラベルを授与してきました。
毎年 70名の専門家たちが 世界各地から寄せられた製品に対し、
他からの干渉を受けることのない完全に独立した形で試験やテイスティングを行います。
試験の結果により、これらの製品には 消費者への品質の保証となる 優秀品質賞が授与されます。
また、長年にわたり 品質維持と改善に たゆまず努めている企業には
各種 トロフィーが贈られます。

MONDE SELECTION公式ホームページより

他の似たような商品と比較して、味や見た目などを競うコンテストかと思いましたが、それぞれの商品の品質を評価する賞なのですね。モンドセレクションの評価を受けることによって、その商品が消費者にとって安心なものかどうか、判断材料になりますし、モンドセレクションの評価を受けている、受けていないとでは、印象が違ってきそうですよね。数々の試験を受け、3年も連続でモンドセレクションの金賞を受賞している「まっかな苺のラングドシャ」はそれだけ高い評価を受けているということになりますね。

モンドセレクションは、4つの賞に分かれており、優秀品質銅賞、優秀品質銀賞、優秀品質金賞、優秀品質最高金賞とあります。品質評価の100点満点中、60点以上から優秀品質銅賞が授与される仕組みになっているみたいです。また、賞を連続で受賞している製品に対しては、トロフィーが贈られるそうです。ずっと評価され続けるということは、品質やおいしさを保つ上で、良いサポートになりそうですね。

気になるお味は??

いただいてみました!!
サクッとクッキーの歯応えがよく、間に挟まっているいちごチョコレートの中に入っているいちごのフリーズドライがほんのり甘酸っぱく、とてもおいしかったです!

先にもお伝えしましたが、あまおう苺を使用とのことで、気分が上がりますね!
ちなみに、あまおうの名前の由来を知っていますか?

あ あかい
ま まるい
お おおきい
う うまい

あかい、まるい、おおきい、うまいの頭文字を取って「あまおう」なんですね。
しっくりくるネーミングセンスが素晴らしいなぁと思いました。

さてこのまっかな苺のラングドシャですが、ラングドシャの他に、まっかな苺シリーズとして、「まっかな苺のミルフィユ」、「まっかな苺のベイクドケーキ」があるみたいです!ラングドシャを知ったことで、他の仲間たちも知れるって嬉しいですね!

戸田さん、どうもありがとうございました!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

博多 まっかな苺のラングドシャについて

・博多 まっかな苺のラングドシャ
・株式会社花福堂
http://www.hanafukudo.co.jp/other.html
・福岡のお土産店、福岡空港


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。