ホール・イン CASE Shinjuku いただき物語 その195


イラストレーターの山本ゆうかさんより、伊東のお土産をいただきました!とてもユーモアでかわいらしいお菓子です!

伊東市はゴルフ場が多い!

地図で伊東市を見てみると、ゴルフ場が密集しているのが印象的です。そんなゴルフが盛んな町ならではのお菓子「ホール・イン」。でも、このパッケージ、見た瞬間、「ホールインワン」だと誤認してしまうのは仕方がないですよね(笑)だって、ゴルフボールにホール・インですよ!思うつぼにはまった感が否めません(^^;)

「ホール・イン」を製造する梅家は昭和12年創業の老舗和菓子洋菓子店。昔から伊東のお土産として、多くの方に親しまれているようです。

まさしくゴルフボール!

箱を開けてみると、銀紙に包まれたお菓子が顔を出します!

どんなお菓子が入っているのでしょう。ゴルフボールをイメージして開けてみると・・・。

イメージ通りのまんまるお菓子。ただゴルフボールのでこぼこした表面とは違い、たまごのようにつるっとしています。

割ってみるとこんな感じ。

一口いただいてみると、お口の中にふわっと甘さが充満しました。表面にコーティングされているのはホワイトチョコレート。中には餡が入っていて、洋菓子と和菓子がコラボしたような新感覚のお菓子です。食感がとてもなめらかで、ゆっくり味わいたくなります。餡には伊東の良質な温泉で茹でた卵を使用しているとのこと。そのためか甘さは控えめなのにとても濃厚です。

お茶でもコーヒーでも紅茶でも、どんな飲み物でも合いそうなホール・イン。お仕事の合間に一息つきたいときにぴったりのお菓子です。ゆうかさん、素敵なお菓子をありがとうございました!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

ホール・インについて

・ ホール・イン
・ 梅家
・ https://item.rakuten.co.jp/ito-umeya/c/
・ 店舗、オンラインショップ


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。