赤福餅 CASE Shinjuku いただき物語 その114


メンバーの株式会社ALPHAの戎井さんより、いただきました!
伊勢名物の「赤福餅」です!!

公式HPより引用

300年の歴史を持つ赤福餅!!

伊勢名物の赤福餅。伊勢のお土産としても、また催事などで見つけるとつい買ってしまう、という方も多いのではないでしょうか(^^)
私も伊勢神宮を参拝する際には、 ぜひ一度立ち寄って本場の赤福が食べてみたい!と思っています!!
なんと、伊勢神宮が朝の5時からお参りすることが出来るので、赤福も朝の5時から営業しているそうですよ~、すごい!

知名度だけでなく、その美味しさも、広く知られている「赤福餅」ですが、なんと300年もの歴史がありました!
古くからあったものとは、なんとなくわかっていたものの、そこまで歴史があるものだとは知りませんでした。
ということは、江戸時代に生きていた人々も、伊勢参りをした際には赤福餅を食べたのでしょうか?そんなことを考えながら食べるのも楽しいです。

そんな赤福ですが、なんと赤太郎というキャラクターも存在するそうです!
それが、こちら!!なんともかわいい赤太郎です(^^)

公式HPより引用

いただいた赤福餅を取り分けて皆さんにお配りするとー
「わー、これ好きなんです!」
という方がたくさんいらっしゃいました!!みんなに愛されているんですね~。

見た目も美しい赤福餅。
お味も、なめらかなこしあんと、もっちりとしたお餅が相まって、美味しくないわけがない!という美味しさです(笑)

なんと、デパートの物産展にお買い物された漫画原作者の猪原賽先生も、赤福餅をCASEに差し入れてくださいました。
というわけで、私はちゃっかり2度も赤福餅を堪能させていただきました!(笑)
ありがとうございます!!

戎井さん、猪原さん、ありがとうございました!!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

赤福餅について


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。