九州限定 ハッピーターン あまおう苺 CASE Shinjuku いただき物語 その115


メンバーさんから九州限定のハッピーターンをいただきました!
こんなにファンシーなパッケージのハッピーターンは初めて見ました!!
なんと「あまおう苺」味だそうです!!


そもそも「ハッピーターン」って?

日本で生活し、日本のお菓子を食べたことのある人なら、おそらくかなりの確率で「中毒」になっているであろうお菓子、ハッピーターン!(個人の意見です)
さくっ、かりっとしたシンプルなおせんべいに、甘くてしょっぱい「魔法の粉」がまぶしてある、あれです!
子どもたちが集まる場所や、家族親戚が集まるときには必ずといっていいほどバラまかれる、あれです!

最近では、あの「魔法の粉」こと「ハッピーパウダー」が1.5倍!から250%!まで、もうまぶしまくりなことでも話題になっていますよね。
ハッピーターン公式サイトの「ハッピーターンとは?」を見てみると、たっぷりまぶしたハッピーパウダーが簡単に取れてしまわないように、おせんべいの表面に「パウダーポケット」なる凹凸を作るという努力までしてくださっているそうです!
そのおかげで我々はハッピーな生活を送ることができている…!ありがたき幸せです!

九州限定の「あまおう苺」味!

おせんべいの表面に、デコボコと見えるのがパウダーポケットです。

「あまおう」とは苺の種類の名前です。
品種改良で生まれ、2005年という比較的最近に商品として登録された苺で、苺の味が濃いのが特徴なのだそうです。だからでしょうか、お菓子などにもよく使われているようですね。
Mikoshi Japan,Inc.さんからもあまおうのお菓子をいただいておりました!そのときの いただき物語113 では、「あまおう」という名前の由来も書いてありますので、よろしければこちらもご覧下さい!

とは言うものの、ハッピーターンの甘さと苺の甘さは種類が違うと思うのです。
果たして「ハッピーパウダー」に「あまおう」はどう攻めていくのか…!

いざ実食!!

あ…美味しい…でも…んんん???
見た目は普通のおせんべいなのに、なんと苺独特の甘みと酸味を感じることができます!
視覚と味覚が一致しなくて脳が驚いています(笑)
この脳が驚く「コレじゃない感」は、長年食べ慣れているハッピーターンまでは受け入れられていたんですけどね。やはりフルーツの味がするとなると一瞬困惑しますね。
更に食べ続けていると、ハッピーパウダーも感じられました。
これぞハッピーターン!なんだか一安心。
なんと素晴らしい融合!
ハッピーターンが大好きな人は、やっぱりこれも好きだと思います。

ちなみにハッピーターンという名前は「ハッピー(幸せ)」が「ターン(戻ってくる)」してくるように、という意味が込められているそうです。
ハッピーターンを食べて、みんなで幸せになりましょうー!

素敵なおみやげをありがとうございました!


「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

九州限定 ハッピーターンあまおう苺 について

・九州限定 ハッピーターン あまおう苺
・亀田製菓株式会社
https://www.happyturn.com/
・九州圏のギフトショップのみで販売


CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。