きんかん餅 宮崎たまたま CASE Shinjuku いただき物語 その65


きんかん餅 宮崎たまたま

 

新宿区高田馬場にあります、シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku は、最近、新しい利用者さんがどんどん増えております!
そんなニューフェイスのお一人から、宮崎県のおみやげをいただきました!
九州地方のおみやげは、博多 ひよ子サブレー博多 明太えびせんべい博多 二〇加煎餅 などと、福岡県のものが多かったのですが、ここに来て新しい風が吹き込んでまいりました!宮崎県です!

宮崎県は、きんかんの生産量が全国の60%以上と日本一!なのだそうです。そこでせっかくなら品質も日本一になろうじゃないか!と、ちからを入れている商品が、きんかん「たまたま」なのだそうです。木の上で完熟させてから出荷される種類らしく、なんと甘みを示す糖度は16度以上!栄養分もしっかり含まれており、すっぱさや苦味が少ないので、年齢を問わず大人気のフルーツなんですって!
宮崎県と言えばマンゴーは言わずもがな有名ですが、きんかん、日向夏、いちご、ぶどうなども名産として名前があがっているそうです。いいところですね~!!

さてそんなきんかんですが、品質、そして知名度も「日本一を目指す!」と意気込んでいるはずなのに、「たまたま」というなんとも力の抜けた ほんわか したネーミングがいいですね。たまたま。声に出したい日本語として注目してもいいくらいだと思います。たまたま。
しかも、「家庭用たまたま」から「たまたま 2Lサイズ」「たまたまエクセレント」と、かなりいかしたネーミングのきんかんを次々と販売しているようです。もう、たまたま尽くしでございます!!(笑)
そんなたまたまのペーストを使った和菓子がこちら!「きんかん餅 宮崎たまたま」です。


お餅のぷにぷに感と、きんかんのやさしい甘みと爽やかさがくせになる!そんな逸品!
冷やして食べたら、更に美味しさが倍増しそう!そんな逸品!
すてきなおみやげをありがとうございました!

最後に豆知識として…宮崎県えびの市 への「ふるさと納税」を納めると、その返礼品として「きんかん餅 宮崎たまたま」も選べるそうです!

さすが21世紀。様々な方法でゲットできるようです!皆様も是非おためしアレ!たまたま。

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

きんかん餅 宮崎たまたま について

・きんかん餅 宮崎たまたま
・えびの市農業協同組合
・宮崎県内、空港、土産販売店、インターネット通販


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。