スピンオフ特別編 第2弾 コワーキングスペースで聞いてみた「あなたのキーボードはなに?」


こんにちは!

新宿高田馬場にあるシェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjukuの岸です!

すっかり秋めいて、というか、雨続きで寒いですね。秋はどこへ行ってしまったのでしょうか…。私には、食欲の秋しか来ていません。どうしたものか…。

 

植木さんからはキーボードオタクだといわれ、山﨑さんからはついていけないといわれながらも、思わぬ広がりを見せているキーボード記事。まだまだ続きがありますよ!!

正直、「こんな記事を誰がみるのかしら」と、キーボード女子を自称しながら思うことがあったのですが、IT系の方にとっては女子がキーボードについて詳しく取り上げているということが、かなり珍しいらしく、記事を書いて以来、お声を掛けていただくことが多くなっています。有難いです、励みになります。

 

前回の「キーボード女子、HHKBのキートップを交換する」の記事で見慣れないキーボードアクセサリー(*)を見かけませんでしたでしょうか?
(*キーボードアクセサリーって聞き慣れないと思いますが、キーボード周辺の機器のことですよ。)

キーボードの下に、棒状の木の板がついていますね!

ー前回の記事より

ちなみにCASEのフロントでは、森下さんが使っていたリアルフォースにウッドパームレストを設置という、本格仕様になっています(笑)

という記述!

 

この一見地味で何の役に立っているのかわからないこの木の板は、実は高性能キーボードがより快適に使えるよう影で大活躍をしている道具なのです!!

 

キーボードを置くとわかると思いますが、というか当然の事なんですが、キーボードには高さがあります。そうすると、手を置いた時に手のひら部分が上に上がり、手首だけ下に下がってしまいますよね。これは、とても手首に負担のかかった状態なのです。

この手首が屈折した状態が続くと、手首に違和感を感じるようになり、痛みやしびれが生じます。そして、それが悪化すると

長時間同じ姿勢で同一の筋肉を酷使することで生じる反復運動過多損傷(RSI)により、手指の筋・筋膜の癒着や腱鞘炎が生じる

ことがあるらしいです。ずっと同じ姿勢が続くと、血流が滞り、痛みがでてしまうんですね。
せっかく、高額でよいキーボードを買ったのに手や腕が痛いなんて、かなり悲しいですよね。それにデスクワークの多い方でこのようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

その手首の屈折を無くし、手と手首を平らに保ってくれるのが、このウッドパームレストなのです!

こんな地味な木の板には、そんな効果があるのですよ。と、いいながら…、気付いたらこのウッドパームレストが設置されていたため、実は私もこの有難さも気付いていませんでした(恵まれた環境で育つって…怖いものですね(笑))

今、試しにウッドパームレストなしで、この記事を書いていますが、ものすごく大変です。リアルフォースって高さがあるので、手首も屈折が結構あり、手首を浮かせてタイピングしてしまうくらいです。手首を浮かせるのも腕の力がいるので、結構疲れます…。

 

パームレストには、今回ご紹介したウッドパームレストだけでなく、ジェル状のもの、クッション状のものなど、パームレストにも様々な種類がありますが、キーボード女子のおすすめはやはり天然木製のウッドパームレストです(中には自作する方もいらっしゃるそう)。

・腕に置いた時の馴染みの良さ

・肌触りのよさ

・革製品のように使いこむうちに深みが出てくる

・蒸れない

などの点で気に入ってます☆

 

今回、ご紹介するウッドパームレストはFILCOバード電子から発売しているものです。
FILCOはサイズがSMLとあり、メカニカルキーボードのMajestouchシリーズに対応。バード電子はHHKBに対応したウッドパームレストを発売しています。
高さと幅さえあわせれば、どのキーボードにも使うことができます。

 

フロントのキーボードに使用しているウッドパームレストはFILCOのものです!

こちら!!

滑り止めとともに、丁寧に包まれています。

滑り止めをつけます!!

この滑り止め本当に滑らないので、とても優秀です!

高さもぴったり!!

そうして、このように手首の屈折がほとんどありません!効果を発揮しています。

試しにウッドパームレストをとってみると…

あら、結構手首に負担のかかっていることがわかりますね。

 

このように地味ですが、素晴らしい活躍をしてくれる道具ってたくさんあるんですね。

皆さんのキーボード環境はどのようになっているでしょうか?
これをお読みの静電容量無接点方式のキーボードをお使いのあなた!
タイピングの度に腕や手が痛い方!
ウッドパームレストの設置を考えてみてはいかがでしょうか?楽になりますよ!!

これで、キーボード編は最後になります。ここまで読んでいただいたみなさん、本当にありがとうございます!
次は、別のガジェットに挑戦するかもしれません!!

皆さんに快適なキーボードライフが訪れますように~

では、新宿高田馬場にあるシェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjukuの岸でした!!

以前の記事はこちらからどうぞ~

スピンオフ特別編・コワーキングスペースで聞いてみた「あなたのキーボードはなに?」

コワーキングスペースで聞いてみた!「あなたのキーボードは何??」~まずはキーボードの構造を理解しよう編~

コワーキングスペースで聞いてみた!「あなたのキーボードは何??」

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。

著者紹介

岸 奈津実
岸 奈津実

CASEで働く以前は伊勢丹で働いていたことから、こんな記事を書きました。(JR新宿駅の山手線ホームから「伊勢丹新宿店」と「CASE Shinjuku」どっちが近いか比較検証してみた!!

「自分の楽しいと思うことをとことんを追求する」を大事にしていきたいです。

幼少よりクラシックバレエをやってきましたが、紆余曲折あってCASEに出会いました。ご縁って不思議ですね。

そんなご縁を大事に、日々邁進していきたいです!