スピンオフ特別編・コワーキングスペースで聞いてみた「あなたのキーボードはなに?」


こんにちは!新宿高田馬場にあるシェアオフィス・コワーキングスペースCASE Shinjukuの岸です。

最近のCASEは海外アーティストによるライブがあったり、海外からの団体のお客様が来たり、なんとなく非日常のような日々が続いていました。いつもとはちがう景色や、雰囲気を同じ場所で味わえるというのはとても新鮮でした。
来る人によって景色が変わるのも、コワーキングスペースならではですね。

 

さてさて、先日のキーボードの記事どうでしたでしょうか?
楽しんでいただけていると嬉しいです!!

今回はそのスピンオフ特別編と言うことで、

「キーボード女子、HHKBのキートップを交換する」

をお送りします。

 

アイキャッチにも出てきたこの写真。何かおかしいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

HHKBのキーボード、そしてキートップが無刻印!!

「これは、私の物ですが何か?」

くらいの面持ちで写っていますが、これ実は借り物だったのです。

キートップを交換する場面に遭遇し、「キーボード女子ならば、そこはやるべきだろう!」と言われ、キートップの交換をしてみました!!

静電容量無接方式のキーボードって、キートップが専用の器具を使うと簡単に取り外すことができます。

特にHHKBのキーボードはキートップのバリエーションが多くて、自分でオリジナルのデザインにカスタマイズすることができます。
カラーキートップや、無刻印(印字無し)のキートップもあって、マニアの方にはうってつけのキーボードなのです!!

では早速、交換していきましょう!!

デフォルトのキートップは黒で薄く印字されています。

ここから、無刻印の白いキートップをはめていこうと思います。

キートップの交換にはこの引き抜き工具を使いましょう!

HHKBにはこちらの工具が入ってますが、あまりオススメではないです。(上手にやらないと、キートップが傷ついてしまう可能性が…)

で、引き抜くだけ!!

簡単ですね!!

こちらがHHKBの無刻印キートップです!!

私がキーボード女子目線で素晴らしいなと思ったのは、包装がしっかりしているということです。

段ボールで一見地味ですが、キートップ用にくり抜かれた段ボールが重なっていて、バラバラになり、どこに取り付けていいかわらなくなったり、傷つかないようになっているのです。
そういう、商品本体ではないところにきちんとしているのが、キーボード女子的には、高評価です(何様…)。

 

ここで、注意していただきたいのが、

「キートップをバラバラにしないでください!!」

と言うことです。

HHKBのキートップは列ごとに形が違います。同じように見えますが、微妙に違うのです!それぞれの指に馴染むように、設計されています。
印字されているものはともかくとして、無刻印の物はくれぐれも注意してくださいね!

そして、ひたすらひとつひとつキーを抜きまして、新しいものにはめ込んでいきます。

静電容量無接点方式の内部がよくわかりますね!こんな風になっているから、雑味がないんですね。明確にハッキリとタイピングできるのです!!

無刻印キートップをもとの位置にパチパチとはめていって、完成です!!

 

これで、まわりとの差をつける「HHKB~無刻印Var~」が出来上がりました!!

白と黒のコントラストもイイ感じですね!
こんな風に、自分好みのキーボードカスタマイズを楽しんでみてはいかでしょうか?

 

静電容量無接点方式のキーボードといえば、東プレのリアルフォースが16年ぶりに第2世代が発表され、10月6日に発売になりました!!
HHKBだと、ちょっと敷居高いな…、英字配列は…、と思っている方は必見ですよ!

キーボード女子としては、これはチェックしに行かなくてはいけないので、近いうちにチェックしに行こうと思います。
(ちなみにCASEのフロントでは、森下さんが使っていたリアルフォースにウッドパームレストを設置という、本格仕様になっています(笑))

 

では、これを読んでる皆さんに快適なガジェットライフ、いや、キーボードライフが訪れますように!

新宿高田馬場にあるシェアオフィス・コワーキングスペースCASE Shinjukuの岸でした。

 

以前の記事はこちらからどうぞ~


CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。