スペイン土産 CASE Shinjuku いただき物語 その5


シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku フロントの植木からのおみやげなので、「いただき物語」というよりは「さしあげ物語」なのですが…

スペインのお土産です。


【1】ポルボロン
スペインの伝統菓子「ポルボロン」です。
とてもやわらかいお菓子で、くちの中に入れてから「ポルボロン」と3回言えたら、願い事がかなうと言われています。

少し癖のある味ですが、ハマる人はハマるようです。

【2】目玉チョコレート
ハロウィンのお菓子です。
目玉と言えば山﨑さん!というヒラメキだけで購入しました。

山﨑さん、喜んでくれるかなー ドキドキ。

【3】オレンジのキャンディ

何事も大雑把なスペイン人(誉め言葉です)が作った、やたらとツブの大きいキャンディです。

オレンジ味の美味しいキャンディです。

 

バルセロナに滞在中、ちょうどカタルーニャ州独立賛成派のデモに遭遇しました。

観光客まで巻き込むような騒ぎではありませんでしたが、なるべく近付かないようにしながら街の散策を続けました。

レンガ造りや石畳の街並みは、どこを切り取っても美しくて見惚れてしまいます。

角を曲がったらサグラダ・ファミリア…!という場面には、心底感動しました。

それに加えて、朝だろうが深夜だろうが、飲んで食べてが大好きな陽気な人たち!

本当に素敵な国でした。

あ!そういえば、あと10年足らずでサグラダ・ファミリアが完成するそうですよ!ほんとかなー?

 

そんなこんなでブログも書かせて頂きました!

「植木、いきまーす!~ スペイン編~」

なんとサグラダ・ファミリアとCASE Shinjuku には、じつは深い関係があった…?

こちらも是非!!


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。