カントリーマアム 信州りんご CASE Shinjuku いただき物語 その233


株式会社ALPHAの戎井さんより、信州バージョンのカントリーマアムをいただきました!
どうもありがとうございます!

信州といえば!

「信州といえば?」と聞かれて、「りんご!!」と答える方は少なくはないのではないでしょうか。
それくらい信州ではりんごが有名ですよね。
長野県は国内のりんご生産量が第二位です。

りんごが有名なことから、りんごを使ったお菓子もたくさん販売されていますよね。
信州のお土産屋さんや高速のパーキングエリアに寄るとりんごパイやりんごクッキーなど、必ずと言っていいほど見かけます。
CASEでも以前、信州りんごを使ったお菓子をいただいております。

それくらい、信州はりんごで溢れています☆

信州限定「信州りんご」のカントリーマアム

みんな大好きカントリーマアムの、信州りんごバージョンです!りんごのようなまっ赤な小袋に入っています。

信州を味わえる特別なカントリーマアム…。

お土産の素敵なところって、おいしさを味わうだけでなく、その土地ならではの食材の良さや雰囲気なども味わえるところですよね!お土産をいただいたことによって、「今度行ってみたい!」とか「どんなところなんだろう?」という気持ちの発展にも繫がります。改めて、お土産をいただくことのありがたさを感じています。

封を開けてみると…。

ふわぁっとりんごの甘酸っぱい香りが漂ってきます。
一口いただいてみると、やさしい甘さが口の中に広がります。りんごの甘さとホワイトチョコチップの甘さがマッチしていてとてもおいしいです。
信州産りんごジャムと信州産りんごパウダーが練り込まれているということで、りんごのおいしさがギュッと詰まったカントリーマアムです。

地域限定商品、盛りだくさん!

〇〇地域限定商品を見ると、他の地域バージョンもあるのか確認したくなる性格です(笑)
どれくらいあるのか、カントリーマアムのホームページを見てみると、結構ありました!

今現在販売されている地域限定カントリーマアムは全21種類!
北の北海道は「焼とうきび」、南の沖縄は「紅いも」と、その地域の特産物にちなんだお味が楽しめます。
東京限定のカントリーマアムがあることはご存じですか?
私はいままで知らなかったのですが、ちゃんとあるんですね!

何を使ったカントリーマアムだと思いますか?
ヒントは和菓子!

正解は、老舗和菓子屋である「舟和」とコラボレーションした芋ようかんのカントリーマアムです!

パッケージには「東京浅草」と書いてあり、東京感が出ています。

信州りんごのカントリーマアムから、さまざまな種類を知ることができました!
お土産ってやっぱりすばらしい!戎井さんに感謝です!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

カントリーマアム 信州りんごについて


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。