Pommeca 信州 りんご&バターサンドクッキー CASE Shinjuku いただき物語 その181


長野県塩尻からいらっしゃった方より、とってもかわいらしい信州のおみやげをいただきました!
どうもありがとうございます!

りんご三兄弟って!?

長野県は日本で2位の出荷量を誇るりんごの名産地!そんな長野には、りんご三兄弟なるものが存在します。

「秋映(あきばえ)」 「シナノスイート」 「シナノゴールド」

この3種類は、長野県オリジナルの品種だそうです。三兄弟の親にはりんごの品種で有名な「ふじ」などがあり、いろんな品種が混ざって、オリジナルができています。おもしろいですよね!因みに、兄弟の構成は、「秋映(あきばえ)」が兄、「シナノスイート」が次男、「シナノゴールド」が三男とのこと(笑)

いただいたお土産も長野のりんごを使用とのことで、もしかしたら、三兄弟が活躍しているかもしれません。

食べる前にかわいいりんご攻撃がたくさんあった!

箱にりんごが描かれていてかわいい上に、お菓子が入っている袋と箱の底にもりんごが描かれていました!

いただく前からウキウキしてしまう「Pommeca(ポムカ)」。ゴロゴロとたくさんのりんごたちに癒やされながらいただいてみました!

癒やされるお味

袋を開けるとふわぁ~とりんごのフレッシュな香りとまろやかなバターの香りがしてきます。
サンドクッキーとあって、分厚いです。クリームの間にたくさんのドライりんごが入っています。

クッキーはやわらかくやさしい口当たり。クリームに混ざったコーンフレークはざくざくとしていて食感が楽しいです。ドライりんごからはほどよい甘さが伝わってきます。紅茶やコーヒーにとっても合いそうです!

かわいいお菓子をどうもありがとうございました!

Pommeca 信州 りんご&バターサンドクッキーについて

・ Pommeca 信州 りんご&バターサンドクッキー
・ 株式会社信州芽吹堂
・ https://www.rakuten.co.jp/mebukido/
・ 信州芽吹堂、長野県のお土産屋、オンラインショップ


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。