京都鴨川 鴨サブレ CASE Shinjuku いただき物語 その220


スタッフの植木さんからかわいらしいサブレをいただきました!ありがとうございます!

鴨川の鴨をイメージした「鴨サブレ」

「鳥のかたちをしたサブレーといえば?」と聞かれたら、私はあの鎌倉のサブレーを思い浮かべますが、京都には「鴨サブレ」が存在していたのですね!

京都を流れる鴨川には、冬が近づくと遠い北国から「鴨」が飛来します。そんな鴨たちの、長旅の疲れを取るかのように川で遊ぶ姿は、見る人の心を和ませてくれるそうです。

「鴨」は万葉集でも風景の一部として詠まれ、古くから人々にとって、親しみのある鳥とのこと。そんな鴨川を泳ぐ愛らしい鴨たちをイメージして創られたのが「鴨サブレ」。

鴨サブレは、八ツ橋で有名な井筒八ツ橋本舗さんの商品です!洋菓子のサブレーをつくられているとは少し驚きました!

さっそく、いただいてみました!

箱を開けると、かわいらしい鴨のかたちをしたサブレーが顔を出します。

パッケージに描かれている波線は鴨川をイメージさせますね!泳いでいるように見えてかわいいです☆

本物の鴨と見た目を比べてみました。

鴨をマスコットにしたようなかわいらしさがありますね。つぶらな瞳やスッと細いスマートなくちばしなど、鴨の特徴を捉えている気がします。

一口いただいてみると、サクッと軽い食感で、バターのいい香りがします。顔からいただくとかわいそうなので、身体からいただきました(笑)動物のかたちをしたお菓子は、どこから食べていいか、いつも迷ってしまいます(^^;)

そういえば、いただき物語では、これまでいろいろなサブレをご紹介してきました!

こうやって見てみると、動物をモチーフにしたサブレはたくさんあるなぁと思うと同時に、みんな、動物が好きなんだなぁと感じました。
鴨サブレもいただき物語で紹介できてうれしいです!

植木さん、どうもありがとうございました!

京都鴨川 鴨サブレについて


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。