にしき堂 錦もみじ もみじ饅頭詰合せ CASE Shinjuku いただき物語 その258


ジャクさんより、広島のお土産をいただきました!
どうもありがとうございます!

6種類の味が楽しめるもみじ饅頭詰合わせ

広島の代表銘菓のひとつ、もみじ饅頭。
もみじ饅頭をいただくと、どこに行ったと聞かなくても広島だとわかるほど、広島のお土産として有名ですよね。

鮮やかなパッケージを開封すると、ほっこりとあたたかみのあるデザインの箱に、6種類のもみじ饅頭が入っています。

こしあん、粒あん、チーズクリーム、チョコレート、お餅、お芋の味がそれぞれ2つずつ入っています。
小袋も色鮮やかでかわいらしいですね。

この6種類は定番のお味のよう。もみじ饅頭には、この他に季節限定のものや、生もみじ饅頭も合わせると約20種類のお味があります。
またドラえもんやポケモンなど、さまざまなキャラクターとのコラボ商品も出ていて、バラエティ豊かに展開されています。

お芋のもみじ饅頭をいただきました

秋に食べたくなる食材のひとつといえばさつまいも!ということで、お芋味をいただきました。

切ってみると、たっぷり餡が入っています。
一口いただいてみると、「わぁ、これは焼き芋だ!」と思うほど、ねっとりした食感と甘さがたまりません。
お芋味は秋にいただくとより一層季節を感じられます。

にしき堂 ご主人のすてきな言葉

公式ホームページを見ていたら、すてきな言葉を発見しました。
お菓子は人々を笑顔にさせるすごいパワーを持っていることを改めて感じました。
こうしたすてきな気持ちがひとつひとつのお菓子に込められていて、それが食べた人たちに伝わっていくんですね。

ところでお菓子を食べるときの情景を思い浮かべてみてください。

どんなとき?にぎやかな家族団らんのとき、親しい人との楽しい語らいのとき、お世話になった方への手土産にも…、お菓子は人の心に喜びを与えてくれるのではありませんか。

お菓子を食べながら喧嘩をする人はいません。だからお菓子は、”平和の食べもの”なのです。世界中の子供たちがお菓子を食べられるときが来たら、きっと世界中から戦争はなくなるでしょう。 だって、お菓子を食べるときは、みんな笑顔だから。

いつか、そんな日の来ることを期待しながら、毎日、お菓子を作っています。

にしき堂 公式ホームページより

ジャクさん、広島銘菓をありがとうございました!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

にしき堂 錦もみじ もみじ饅頭詰合せについて


この記事を書いた人

Avatar photo

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,500円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。