ご当地レトルトカレー CASE Shinjuku いただき物語 その216


CASE Shinjukuから徒歩1分にある芳林堂書店高田馬場店さんで、田中さんがレトルトカレーを買ってきてくださいました!
「なぜ書店で!?」とびっくりした方は、このまま記事を読み進めてください!(笑)

ご当地レトルトカレーフェア、開催中!

現在、芳林堂書店高田馬場店さんではご当地レトルトカレーフェアが開催されています!
2018年から続いているというこのフェア。今年は海軍カレーに焦点を当てた企画が考えられていたそうです。しかし、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、旅行や遠出がしずらくなってしまった昨今の状況を考慮し、ご当地レトルトカレーフェアも合わせて継続することにしたそう。全46種類の展開があるとのこと。

こうした【本】と異色の【レトルトカレー】を販売するのには、こんな理由があるのだそう。

書籍以外にもグッズ販売や各種フェアに取り組むことが特徴の書店。同店の斎部(いんべ)美樹さんが、来客数が落ち込む夏場の「ユルい企画」として「暑い夏を元気に乗り切るためのカレーを置けば、多くのお客さんに来ていただけるのでは」との考えから社内で提案した。2018(平成30)年から開催しており、今年で3回目となる。

高田馬場経済新聞 高田馬場の芳林堂書店でレトルトカレーフェア 冷蔵庫設置しラムネ販売もより

芳林堂書店高田馬場店さんの優しさ、ユーモア溢れるアイデアが詰まったフェアですね!全46種類のレトルトカレーを集めるところから、もうユルい企画とは言えない本気度が伝わってきます!(笑)

なかなか遠出ができない今、各地域のレトルトカレーを楽しめるなんてうれしいことです。
どれにしようか迷っちゃいそうですよね!

CASEにやってきたレトルトカレーはこの4種類!

まずは京風鶏カレーをうどんにかけていただきました!

京風鶏カレーうどん!

「京風鶏カレーは、200%うどんに合う!」という天の声に従って、うどんにかけていただきました!

京風鶏カレーは、京都の鳥料理専門店「京の鳥どころ 八起庵」が販売しているレトルトカレーです。鳥の水炊きや、鴨のすき焼きなど、さまざまな鳥料理を楽しめる老舗店。2018年には、東京に初進出された八起庵さん。神楽坂でおいしい鳥料理を堪能できるそうですよ。

京風と名前に付いていることもあって、和風でとてもおいしい!
天の声に従ってうどんにかけましたが、大正解でした!パッケージの写真も、なんとなくうどんにかかっているようにも見えます!もちろん、白米にかけてもおいしいこと間違いなしだと思いますが、和だしの風味がうどんにぴったりでした。もう一度食べたい!クセになる味で、リピート確定です!(笑)

ご飯には、五十六カレーをかけました!

五十六カレーのお味はいかに!

五十六カレーは、ホテルニューオータニ長岡さんのオリジナルのレトルトカレーです。

越後・長岡出身で旧海軍連合艦隊司令長官の山本五十六に因んで名づけられた

「五十六(いそろく) カレー」は、ホテルニューオータニ長岡のシェフが旧海軍で愛された

味をベースに、さらに豊富なスパイス、材料を加えグルメなカレーに仕上げたものです。

ホテルニューオータニ長岡 公式サイトより

山本五十六氏は、真珠湾攻撃や、ミッドウェイ海戦を指揮した海軍軍人。明朗な性格で、部下や同僚から厚い信頼を寄せられていた人物だったそう。勝機が少なかった太平洋戦争に反対しながらも、戦争の指揮をとったという、悲劇的な指揮官としても知られているそうです。また、五十六氏が残した言葉や思想は、経営者や指導者をはじめ、現代を生きる私たちにも通ずる、格言や理念として、今でも人気が高いそうです。

そんな五十六氏が、暑気払いで青年将校時代に、カレーを食べさせたという逸話から、五十六カレーが作られることになったそうです。

長岡市のスーパーには、レトルトカレーコーナーに普通に売られているとのこと。長岡に住む方たちには、とてもなじみのあるレトルトカレーみたいです。

サイドにカツを添えて、五十六カツカレーにして、いただきました!

舞茸がたっぷり入っています!ぷりぷりとした舞茸がカレーによく絡み合います。欧風カレーのような上品なお味です。トマトが効いていて、後味はさっぱりしていて、夏にぴったりのカレーです。

レトルトカレーの楽しいところ!

レトルトカレーって、パッケージに写真が載っているものもあれば、載っていないものもあって、どんな香りがするのか、どんな具合に具材が入っているのか、ご飯にかけるまでわからない楽しさがありますよね!

こちらは、かきカレーをかけている模様です☆
パッケージの写真通り、かきがゴロッゴロ入っているのがわかります。

準備をするところから、楽しめるレトルトカレー。楽しく、おいしくいただきました!ごちそうさまでした!

そういえば、「本と異色のレトルトカレー」と書きましたが、こうやって置くと、本に見えてきますね!(笑)

芳林堂書店高田馬場店さんのご当地レトルトカレーフェアは8月31日までとのこと。みなさんもお立ち寄りになってはいかがでしょうか。

ご当地レトルトカレーフェアについて


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。