I ♥HIROSHIMA カープの鯉人 CASE Shinjuku いただき物語 その170


2018年3月に 無料でカンタン! 儲かる飲食店に変わる「Googleマイビジネス」超集客術(日本実業出版社)を出版された Googleマイビジネス の専門家、 株式会社ALPHAの戎井さんから、広島の方からのいただきものということでお裾分けいただきました。いつもありがとうございます。

カープ女子を生んだ人気球団!広島東洋カープのオフィシャル商品

広島東洋カープといえば、プロ野球12球団の中でも屈指の人気球団ですが、 球団設立当時から長い間、戦績は最下位、経営は苦しく「お荷物球団」とも言われたほど。そんな球団を支えたのは広島のファンの存在。球団経営が逼迫し当時のホームグランド広島総合野球場前に募金用の樽を置いて募金を呼び掛けていた時代もあるのです。この募金については、NHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」で「史上最大の集金作戦 広島カープ~市民とナインの熱い日々~ 」というタイトルで取り上げられてもいます。

そんなお荷物球団だった広島東洋カープですが、広島に縁のあるなしに関係なくカープファンは増え、 今や ホームグランド以外での試合も赤いカープグッズを身にまとったファンでスタンドが真っ赤に染まるほどの勢い。 女性カープファンを指す「カープ女子」という言葉が生まれ 2014年の流行語大賞トップテン となったほど。

さて、そんな勢いですから、広島東洋カープオフィシャルグッズには、ユニフォームをはじめとするウエア、応援グッズをはじめ、ありとあらゆる商品がエントリーされています。

もちろん、食品もお菓子やレトルトカレー、ふりかけなど様々。カープの商標・肖像を使用できるのは、企画書の提出から審査を受け球団とロイヤルティー契約を結んだ商品だけ。

I ♥HIROSHIMA カープの鯉人 ホワイトラングドシャ

そんなライセンス商品の一つが、「I ♥HIROSHIMA カープの鯉人」です。ホワイトチョコレートをラングドシャで挟んだこのお菓子!? 「こいびと×ホワイトチョコレート×ラングドシャ」の掛け合わせということで、あの有名なお菓子を想像する方も多いのでは…?と、少し気をもんだりもいたしますが、広島東洋カープとのライセンス契約を結ぶ商品が危険な問題をはらんでいるわけはないと信じて。

個包装のパッケージの赤は、「カープレッド」と呼ばれる光沢のある深紅を再現しています。カープファンも納得の赤色。

お味は、ほんのり甘いホワイトチョコレートとラングドシャの軽いサクサク感をお口の中で楽しむことができます。 え?ややっぱり、あの北海道のお土産と似ている? いえ、こちらはコイはコイでも「カープの鯉人」!広島東洋カープオフィシャルグッズショップでもご購入いただけますので、是非、味わってみてくださいね。

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

カープの鯉人について


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。