ちいさなバームツリー CASE Shinjuku いただき物語 その165


無人コンビニ600さんが開催してくださっていた「600夏のご当地物キャンペーン 東京・関東近辺編」でGETした、かわいいお菓子「ちいさなバームツリー」をご紹介します!

甘いアメリカンドック!?

通常のより一回り小さいアメリカンドックのように見える「ちいさなバームツリー」。棒に刺さったバームクーヘンなんて今まで見たことがなかったので、とても新鮮です! バームクーヘンの常識が覆されたすごい逸品のような気がします。

ちいさなバームツリーは、バームクーヘン専門店「ねんりん家」のお菓子。
このちいさなバームツリーには、こんな想いが込められているようです。

一人のためだけに焼きあげる一本のバームクーヘン。まだ誰も味わったことのないNewバームクーヘンが誕生しました。ねんりん家”プロデュースによる本格リトルバーム専門店1号店が品川駅にデビュー。てっぺんから丸ごと頬ばる…。いちばんたいせつな人に贈る、いちばん贅沢なバームクーヘンの味わいかた。”

ecute公式サイト 「ちいさなバームツリー ~ねんりん家より~」より

私は実際に品川駅構内のお店の前を通ったことがあるのですが、ちいさなバームツリーがショーケースに並んでいる様子はとてもかわいいです。てっぺんから丸ごとバームクーヘンを頬ばるなんて想像もつかなかったですが、ちいさなバームツリーなら、それがいとも簡単にできちゃうって、すばらしいですね!

「ちいさなバームツリー」ができるまで、4年の歳月がかかったそうです。いろいろな想いが詰まった「お一人さま用バームクーヘン」ということですね。

間違いなく、バームクーヘンだった!

どうしてもアメリカンドックのイメージに引きずられている私・・・。食べるまで本当にバームクーヘンなのか半信半疑でした(笑)

でも切ってみると、そこにはバームクーヘン特有の「アレ」が出現!

木の年輪のような、円を描いたグルグルです!年輪模様がなかったらバームとは言えませんが、このちいさなバームクーヘンの中にも、しっかりと年輪が描かれているなんて感動です。

ドイツ語で「バーム」が「木」の意味なので、もし、年輪が描かれていなかったとしたら、ただの「クーヘン(ケーキ)」になってしまいますね(笑)

ただのクーヘンならば食うへん!(シーン・・・)

お味は、たまごが効いていてとってもクリーミー!外はさくっとしっかりしていて、中はふわっとしています。表面にまぶしてある粉砂糖が、食感にいいアクセントを与えてくれています。

今回はプレーン味をいただきましたが、ショコラ味やキャラメル味、トッピングバージョンなどもあるそうなので、機会があったら他の味もいただいてみたいです!

お子さんのおやつにも、お土産にもぴったりなちいさなバームツリー。みなさんも召し上がってみてはいかがでしょうか。

無人コンビニ600さん、素敵な機会をありがとうございました!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

ちいさなバームツリーについて

・ちいさなバームツリー
・ねんりん家
https://www.nenrinya.jp/littlebaumtree/index.html
・エキュート品川、東京スカイツリータウン・ソラマチ


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。