麻布十番 豆源 CASE Shinjuku いただき物語 その68


新しく事務所を構えられた株式会社アルトベッラの堤さんよりいただきました!

笑顔がキラキラの堤さんからのいただきものはいつも可愛かったり、綺麗だったり乙女心をくすぐるものばかりでした。今回もこんな丸っこい可愛いお菓子をくださいました。

どうもありがとうございます!!

麻生十番 豆源 黒胡椒と多幸ボールとは?

豆源さんでは、主に豆菓子を扱われていて、豆の種類は「落花生、大豆、そら豆、えんどう豆、カシューナッツ、アーモンド、マカダミアナッツ」と幅広いです。

そしてお味はなんと50種類!今回は「黒胡椒」と「多幸ボール」をいただきましたが、この他に48種類もあるというわけです!

どんな味があるんだろうと気になった方はぜひ、ホームページでご覧になってみてください!→豆菓子の種類

可愛らしい豆菓子で、50種類もあると、選ぶのが楽しいですし、もらった人も嬉しくなりますよね。

そして、「チリバジルマカダミア」「ヨーグルトナッツ」「モッツアレラアーモンド」など、今どきのお味も出されている豆源さんは、なんと歴史が長いのです!六代目店主のご挨拶に書かれていました。

私ども豆源は、慶応元年(一八六五年)創業以来、 豆の持ち味と風味を守る製法で 豆菓子の味覚を追求してまいりました。

初代駿河屋源兵衛は”豆やの源兵ヱ“さんと愛称されて 煎り豆を肩に、また屋台荷車を引き歩いて 江戸下町の人々に親しまれていたようです。

麻布十番に居をかまえてからは、 店頭に大きな日傘のある店としても 注目されてまいりました。 おかげさまで江戸風味の豆舗として 多くのお客さまからお引き立てをいただけるようになりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

六代目店主

麻生十番 豆源ホームページ引用 https://www.mamegen.com/?mode=f2

創業153年という長い歴史を持つ豆源さんだからこそ、色んな味を生み出せるんだと思いました。

改めまして、堤さん、どうもありがとうございました!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

麻布十番 豆源について

・麻生十番 豆源
・株式会社 豆源
https://www.mamegen.com/
・東京、埼玉百貨店各店舗、インターネット通販


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。