天領閣 飛騨の栗羊羹 CASE Shinjuku いただき物語 その43


天領閣 飛騨の栗羊羹

 


先日、著書「「Googleマイビジネス」超集客術 」を出版され、このブログでもご紹介させていただいた戎井一憲さんから「天領閣 飛騨の栗羊羹」をいただきました。
こちらに遊びに来られた、ご友人からいただいたお土産だそうです。

天領閣とは、岐阜県にある「飛騨高山温泉 高山グリーンホテル」の天領閣と呼ばれる棟のことだそうです。
この栗羊羹は、その名をいただいた高山グリーンホテルオリジナルのお菓子で、天領閣の客室では、こちらの栗羊羹がお茶請けとして用意されているそうです。

見た目は小さくてコンパクトですが、栗が一粒入った栗羊羹はちょどよい甘さで、疲れも癒されます。お茶にもよく合って、休憩の合間に食べるにはちょうどいい大きさです。
小分けに包装されているので、お土産にもぴったりです。

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

天領閣 飛騨の栗羊羹について


春の入会キャンペーン
春の入会キャンペーン

この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。