CASE Shinjuku いただき物語 その10


わさびポテトスティック (株式会社 長登屋)

お陰様で、シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku は、オープンしてから4年目を迎えました!

これまでにたくさんの利用者さんたちがいらっしゃってくださっていますが、インディゴデザインワークス五十嵐 武志 さんは、初めの頃からCASE Shinjuku を愛用してくださっているベテラン・メンバーさんなのであります、と「いただき物語 その7」でご紹介させていただきましたが、念のためにもう一度ご紹介させていただきますと…

インディゴデザインワークスとは、継続的なWebサイト開発と、クラウドサービスによる業務改善を提案する、エンジニアリング&デザインユニットで、WordPressなどCMSの導入や運用管理、テーマ(テンプレート)制作、UXデザインが得意、なのだそうでございます。

そんな 五十嵐さんのプロフィールが、とても のほほん とした紹介になっておりますが、ご覧いただけましたでしょうか?

まだの方は是非!ご覧いただきたきたいです(笑)

カピバラ好きにやっぱり悪い人はいないと思えます。

さてさてそんな、カピバラ4大聖地制覇を目論んでいる 五十嵐さんから、伊豆のおみやげをいただき物語  パート2ですー!!

 

この紹介文を考えた方は天才だと思えるほどに、わさびの香りにちょっぴり涙します。

 

伊豆ではやはり大人気という わさびポテトスティック わさびしょうゆ味 です!

蓋にある紹介文が、すべてを物語っていますね。

ツーンとしたわさびの香りが ちょっぴり  。(フォントサイズもカンペキに再現してみました)

 

前回の きな粉もち 同様、まずは作っている会社を調べようと思いまして、長登屋さんを検索致しました!

今回はすんなり発見できました!

株式会社 長門屋 さんです!

さっそく「商品紹介」のページを見つけ、クリックします。

「ここにわさびポテトスティックの情報があれば、このブログも早々に書き終えることができるわ」

そんな浮ついた気持ちで、商品が並んでいる画面をスクロールしていきます。

 

 

……ない。

 

わさびポテトスティックが載ってない。

 

 

長登屋自社工場製造商品(和菓子)のページ… ない。

長登屋自社工場製造商品(洋菓子)のページ…… ない。

ご当地土産菓子(和菓子)のページ……… ない!

 

…結局、どのページにも「わさびポテトスティック」は紹介されておりませんでした……

 

エヴァンゲリオンのキャラクター菓子 すべてはゼーレのシナリオ通りのチョコサンドクッキーに なんてものはあるのに…

(個人的に、かなり気になる商品でして)

 

実食「わさびポテトスティック」

というわけで、またもや商品の詳細を調べることができなかったので、すでに ちょっぴり涙 なのですが、戴いたお土産に話を戻します。

 

まずはパッケージを開けたときのわさびの香りに、なぜかニヤッとしました。

「けっこうわさびじゃん~」(静岡弁)

そんな感じでしょうか。

パッケージに詰まっている短めのポテトたちの中から1本を選び、くちに運びます。

歯ごたえは「さくっ」と「ふわっ」の間くらい。

 

おいひい~。

 

とか言ってると ………来ました!

例の ツーン が!

鼻に駆け上るわさびの香りの ツーン ですが、不思議なことにすぐに抜けていきます。

なるほど。これが紹介文にある ちょっぴり涙 という絶妙な表現に値するのでしょう。

すごく辛いわけではないのです。

でも、ちゃんとわさびを堪能できると言いますか。

簡単に言うと、ビールによく合いそうって感じですね。

わさびもお酒もオトナの嗜好品ですね。

オトナでよかった!ふふっ。

 

そんな「わさびポテトスティック」、皆様も伊豆に行かれた際には、お土産でゲットされてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、五十嵐さんが伊豆に行かれた理由は、カピバラ目的ではなかったようです。

おみやげありがとうございましたー!

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。