Banana×Banana バナナジュース CASE Shinjuku いただき物語 その230


日本全国に何度目かのタピオカブームが訪れた際、我が街・高田馬場にも、それはそれはたくさんのタピオカ屋さんが軒を連ねました。
駅の近辺だけでも10店舗以上はあったように思います。
しかし時は経ち、タピオカブームからフルーツティーブームに移り、現在はバナナジュースのブームがやってきているようです。
もちろん高田馬場にも現在2店舗できました!

そんななかの一軒が、バナナジュース専門店 Banana×Banana さんです。

オープンの際には 高田馬場経済新聞 でも記事になりました!
西早稲田にバナナジュース専門店「Banana×Banana」 「ハンマーでたたいて楽しむ」

2020年の年末、そんな Banana×Banana さんが、お店の前を通る方々にある宣伝をしていました。

「SNSで ” いいね ” を押してくれたら、バナナジュースをプレゼントしますー!!」

な、なんですと!!!
いいねを押すだけでいいんですか???
それならば…と、さっそくスマートフォンを取り出し ” いいね ” を押しました!と、画面を提示します。
すると本当にバナナジュースをひとついただけちゃいました!!
試食用ではなく、商品として扱っているものを一袋・・・!

いただいたのは バナナ×バナナ というスタンダードなバナナジュースです。
これにチョコレートやマンゴーなどのトッピングをプラスすると、違った味も楽しめる・・・というメニュー形態だそうです。
なるほどなるほど。

こんなに流行っていると知りつつも、じつは私・・・
初めてのバナナジュースなんです・・・!
いただきます!!!

バナナ×バナナ 飲んでみました!

横になってるおさるさんの背中が愛らしいです。

Banana×Banana さんのメニューサイトによると

バナナジュース×まるごと1本のバナナが入った贅沢なバナナジュースです。音楽にあわせて専用ハンマーでクラッシュして飲む新スタイル。

バナナのジュースにバナナが1本まるごと入っている、というのはわかりますが 音楽にあわせて専用ハンマーで・・・ とは?!

どうやら、このバナナジュースはバナナが1本入った状態で凍らせてあるそうなのです。
なので、飲む前にはハンマーでぼこぼこ叩いて、砕いてからじゃないと飲めないのだとか。
で、せっかくハンマーで叩くのなら、それも楽しんでしまいましょう!ということなのだそうです。
店内でバナナジュースを購入するとハンマーを渡されるので、それを使って自らバナナジュースを叩く、ということらしいです!
なのでつぶし加減も自分次第・・・!
おもしろいですねー!
これは・・・お店に行きたくなりますね。
宣伝効果ばっちりです!!

とは言え、私は専用ハンマーどころか、ハンマーになりそうな鈍器すらを持っていなかったので、少しのあいだテーブルの上に置いておき、自然解凍させてから飲みました。

おいしいいいいい・・・!!!

本当にバナナだ!

材料がバナナだけなので、バナナの味がするのは当然と言えば当然なのですが、そのバナナが本当においしいんです!
濃厚ですが甘すぎることはなく、どちらかと言うとさっぱりした甘みです。
使っているのはエクアドル産のバナナで、4日ほど熟成させたあと急速に冷凍させているんだそうです。
産地にこだわり、その後もお手間を掛けて下さっているんですね・・・
おかげでとってもおいしいです!

量としては バナナ2本分 とのことですが、けっこう満腹感を得られちゃいます。
それなのにカロリーは バナナ×バナナ 一袋で、なんと200キロカロリーを切るくらい!
そのうえ腹持ちが、相当いいだなんて・・・バナナって、すばらしい食べ物なんですね・・・
他にも美肌効果、便通改善、疲労回復、代謝促進、イライラ解消、風邪予防などなど なんていう嬉しい効能も期待できるそうです。

バナナ、すばらしすぎる!!!

ほら、皆さんも Banana×Banana さんのバナナジュースが飲みたくなってきたでしょう?

そんな皆さんのために 通販サイト Banana×Banana Shop も併設されています!
是非是非ご覧になってみてくださいね!
専用ハンマーも売ってました!(笑)
そして、気軽に外出できるようになったら、お店の方にも直接足を運んでみて下さいね。

私たちはこれからも、早稲田・高田馬場の新名物を応援していきます!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

バナナジュースについて

・バナナ×バナナ
・バナナジュース専門店 Banana×Banana
https://bananabanana.shop/
・店頭、オンラインショップにて購入可


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。