Chex mix と girl scouts Cookie CASE Shinjuku いただき物語 その154


合同会社ダーナ・ワークスの追立さんより、ヒューストンのお土産をいただきました。
ありがとうございます!

いただいたのはスナックとクッキーの2つ。いったいどんなお菓子なのでしょうか?

さまざまな味が楽しめる!Chex mix

まずはビビッドな青いパッケージのスナック「Chex mix」を開けてみました。

すると、なかからさまざまな形のスナックが。
編み目もようの四角いスナックにプレッツェルのようなスナック、薄いクッキーのようなスナックなどなど、まるで一口サイズのお煎餅の詰め合わせみたいです。

それぞれ食べてみると、どれも少しずつちがった美味しさ!
癖のない薄めの塩味に軽い食感で、小腹が空いたときにぴったりのお菓子です。

「Chex mix」にはこちらの「TRADITIONAL」のほか、「TURTLE」や「CHEDDAR」など、いくつも種類があるそう。
アメリカにご旅行の予定がある人は、ぜひいろいろな種類を食べ比べてみてください!

毎春恒例!girl scouts Cookie(ガールスカウトクッキー)

2つ目は「girl scouts Cookie(ガールスカウトクッキー)」のレモネード味。

厚みのある生地はサクサクしつつしっとりで、裏面にはレモネード風味の甘ずっぱいアイシングが塗られています。
アメリカのクッキーというと、ものすごく甘いという先入観があったのですが、こちらのクッキーはほどよい甘さ。お茶菓子にぴったりの美味しさです!

「girl scouts Cookie(ガールスカウトクッキー)」の販売は、アメリカで100年の伝統を持つ毎春恒例のイベントだそうです。
クッキーを販売するのは、ガールスカウトに参加する少女たち。クッキーの販売を通してビジネスやリーダーシップ、起業や資金集めを学びます。

とてもポピュラーなイベントのため、毎年たくさんの人がクッキーの販売を楽しみにしています。
2016年にはアカデミー賞授賞式でガールスカウトたちがクッキーを販売し、なんと約780万円も売り上げたそう。すごい!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

Chex mix と girl scouts Cookie について


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。