極濃 ギョーザ つな揚げ CASE Shinjuku いただき物語 その151


漫画原作者 猪原賽先生より、興味深いお菓子をいただきました!
どうもありがとうございます!

つな揚げっていうんですね!

おせんべいには、揚げせんべい、ぬれせんべい、えびせんなど、さまざまな種類がありますが、ネジネジした細長いおせんべいのことを「つな揚げ」だと初めて知りました!

「つな揚げ」のことを「ひねり揚げ」とか、「ねじり揚げ」などとも言うそうですが、要するにネジネジしていたら、そういうおせんべいということですね(笑)

いろんな意味で奇跡のおせんべい!

「極濃 ギョーザ つな揚げ」を製造しているひざつき製菓株式会社は栃木の会社です。

餃子といえば宇都宮!宇都宮といえば栃木!

ということで、栃木のお菓子メーカーが出している餃子のお菓子となると、味に期待しちゃいますよね!「栃木の会社だから、餃子味のお菓子を出そう!」ということだったかはわかりませんが・・・。

ひざつき製菓株式会社のサイトを見てみると、こちらの「極濃 ギョーザ つな揚げ」は7~9月の期間限定商品と記載がありました。「そうなんだぁ~。」とその情報を右から左へ受け流そうとしましたが、そういえば、まだ6月。7月からの限定商品なのに、フライングゲットをされた猪原先生。

期間限定のお菓子で、栃木と餃子がコラボしているという点や、7月からの発売だということは、まだあまり世に知られていないかもしれない点から、いろんな意味で奇跡のおせんべいなのです!(笑)

W味付で手が止まらない!

餃子味のおせんべいですが、そこにラー油味もプラスされているのです!

封を開けた瞬間、ラー油のいい香りが!目をつぶれば、ラー油をつけた餃子がそこにあるかのような、本物に近い香りがしました!

餃子の味がほんのりして、ラー油がとても効いていて香ばしく、濃いめのお味でした!
次から次へと食べたくなってしまう、食欲をそそるおいしさでした!

猪原先生、どうもありがとうございました!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

極濃 ギョーザ つな揚げについて

・極濃 ギョーザ つな揚げ
・ひざつき製菓株式会社
https://buheisaku.jp/lineup
・コンビニ、スーパー等



この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。