伊豆ニューサマーオレンジゼリー CASE Shinjuku いただき物語 その174


メンバーでイラストレーターの山本ゆうかさんより、「伊豆ニューサマーオレンジゼリー」をいただきました。
ありがとうございます!

ニューサマーオレンジとは?

「オレンジ」と聞くと橙色のイメージですが、パッケージの写真の実は明るい黄色で、グレープフルーツのようです。
ニューサマーオレンジとはどんなフルーツなのでしょうか?調べてみました!

参考:みかん大事典・二ューサマーオレンジ

ニューサマーオレンジは伊豆の特産品で、他県では宮崎県や高知県で栽培が盛んなフルーツ。
産地によって「日向夏」「小夏」とも呼ばれ、品種もさまざまです。

温州みかん(家庭でよく食べられるみかん)より少し大きく、グレープフルーツに似た甘酸っぱい味わい。
なにより特徴的なのは、皮と実の間にある白いワタも食べられることです。

ニューサマーオレンジのワタには苦みや渋みがなく、フワフワな食感でほんのり甘みがあります。
そのため外側の皮をリンゴをむくように薄くむき、実とワタを一緒に食べるのが一般的です。

そのままはもちろん、砂糖やはちみつをかけても美味しいそう!
また、九州の一部地域では刺身醤油でいただく食べ方もあるそうです。

爽やかな甘みがおいしい!

冷蔵庫でよく冷やして食べてみました!

ニューサマーオレンジの実と同じ、きれいな黄色。大きさは一口サイズです。

食べてみると、さっぱりした爽やかな甘み!
すっぱいのかなと思っていたのですが、酸味は控えめで、とても食べやすいです。

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

伊豆ニューサマーオレンジゼリーについて

  • 伊豆ニューサマーオレンジゼリー
  • 株式会社しいの食品
  • 商品情報はこちら
  • 静岡県、Amazon、楽天


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。