博多フォンダンショコラ CASE Shinjuku いただき物語 その128


博多に出張されたYassLab株式会社の安川さんより、博多フォンダンショコラをいただきました!

福岡空港でしか購入することが出来ないのです!!

主張の強いサブタイトルをつけてしまいましたが、こちらの「博多フォンダンショコラ」は発売が2月と発売されたばかり!ですので、いまのところまだ福岡空港でしか購入することができないそうなのです。
バレンタインに合わせて発売日を設定したのでしょうか?なにはともあれ、新商品をいただけてとてもラッキーでした!

フォンダンショコラの「フォンダン」とは、フランス語で「溶ける」を意味します。勘のいい方はチーズフォンジュのフォンジュもここからきているということに気づいた方も多いのではないでしょうか?
フォンダンショコラと言えば、チョコレートケーキのなかにトロっとした濃厚なチョコレートが入っている、人気のデザートです!温めて食べる寒い季節にはピッタリのデザートです。
今年のバレンタインにプレゼントしたよ~という方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^)

例にもれず、今回いただいたフォンダンショコラも、なかからとろーっとしたチョコレートが出てきました!
濃厚で口どけもよく、小ぶりサイズなので気軽に食べることが出来ます。
そして、こういったものを食べるときに、手間がかからないとか、手が汚れない、とかって結構重要になってくると思うのですが。。。

①手間がかからない
→普通、フォンダンショコラは焼き立てを食べない限り、中からチョコレートがとろけだすことはありません。なかの溶けだすチョコレートを楽しみたいときは、電子レンジなどで温めなくてはいけません。
ですが、今回いただいたフォンダンショコラは温める必要がなく、そのままでもチョコレートがとろけでるようになっているので、手間いらず!

➁手が汚れない
→仕事の合間やちょっとした時にいただくおやつは、手が汚れない方が絶対にいい!と私は思っています。手を洗いに行く手間もありますが、PCのキーボードやスマートフォンの画面が汚れたり…。
こちらのフォンダンショコラは、白いプラケースの中に入っており、よほど変な食べ方をしない限り、手を汚さずに食べることが出来ます!

本格的なフォンダンショコラも、もちろん美味しいですが、こうやって手軽に食べることの出来るフォンダンショコラも、普段のおやつとして最適ですよね!

というわけで、私もデスクワークの合間に美味しくいただきました(笑)
ごちそうさまでした (^^)

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

『博多フォンダンショコラ』 について

・博多フォンダンショコラ
・販売)株式会社 木村 製造)株式会社 古今堂
https://www.kimura-net.co.jp/blog/440/
・福岡空港


CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。