スリラチャの赤備え CASE Shinjuku いただき物語 その80


漫画原作者の猪原賽先生よりいただきました!

「何にかけてもおいしいから、みんなに食べてみてほしい!」
ということでいただいた、「スリラチャの赤備え」の小袋版!

見るからに辛そう!火を噴くほど、辛いんじゃないか!こんなにたくさんいただいたけど、辛すぎて、食べきれないんじゃないか。

第一印象は、そんなおっかなびっくりなソースでした。

スリラチャの赤備えって?

世界は当たり前に知っていて、日本だけが知らないソース。日本の食文化に革命を!

スリラチャの赤備えホームページ引用

とスローガンを掲げているソースですが、「日本だけが知らない」って言い過ぎではないか!(笑)でも確かに知りませんでした。アメリカで爆発的な人気を誇っているホットソース「スリラチャ」の日本版が「スリラチャの赤備え」とのこと。
にんにく、唐辛子などでできているソースで、かけたり混ぜたり、どんなときでも使える万能調味料なのだそうです。
日本にも似たようなソースがあるのではないか、と思ったところ、こんなことがホームページに書かれていました。

ありません。 酸味のつよい○○ソースや、罰ゲームに使われるような行き過ぎたソースとは違い、旨さと辛さを備えたのがスリラチャの赤備えです。

スリラチャの赤備えホームページ引用

「ありません。」と結構強気な姿勢(笑)そして、ありとあらゆる辛いソースを敵にした主張から、自信に満ち溢れているのがわかります(笑)

猪原先生も絶賛するこのソースを食べてみないわけにはいかない!何にでも合うというならば、色んな食べ物で試すしかほかはない!

スリラチャの赤備えは何にでも合うのか?いざ検証!

ということで、この食べ物たちで、森下さんと山﨑で試してみました!

1,ポテト
2,かっぱ巻き
3,鉄火巻き
4,うずらの卵
5,ナゲット

まずは無難にポテトにつけて、恐る恐る口に入れたところ、「あれ?あんまり辛くない!」となりました。ピリッと辛いけど、ほんのり甘さも感じられる、やみつきになるソースでした!
ポテトとの相性は、皆さんお分かりの通り、抜群にグッドでした。

次は、かっぱ巻きと鉄火巻き。

「海苔がStrong!」by 森下さん

ルー森下さんが登場してしまうほど、海苔の主張が激しかったです(笑)
ただ、カリフォルニアロールみたいな、海外のお寿司だと思って食べると、斬新なお寿司という感じで、アリなんじゃないかと思いました!

そして、うずらの卵は・・・えっと・・・まあその・・・アリなんじゃないかと思いました!(笑)

そして、そして、ナゲットは期待を裏切りませんでした!
超絶マッチしていました!新しいナゲットのソースとして、マクド〇ルドや、バーガー〇ングで出してほしいと思ってしまうほどでした。
色々な食べ物で試してみましたが、気づいたこととして、スリラチャの赤備えは、すごく主張してきそうで、案外控えめだということです。その為、特にナゲットやポテトはたっぷりつけるとおいしいんです。主役を引き立てたい!そんな気持ちが伝わってきました。

「スリラチャの赤備え」は他にも、ピザ、パスタ、ラーメン、牛丼、カレーなど何にでも合うそうなので、皆さんも色んな食べ物にかけて、召し上がってみて下さい!

猪原先生もご自身のブログでご紹介されています!是非、ご覧になってみてください!
程よい辛さとニンニクの風味でドバドバ使えるホットソース!「スリラチャの赤備え」

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

スリラチャの赤備えについて

・スリラチャの赤備え
・サンフレッシュ株式会社
http://www.sriracha-japan.jp/index.html
・Yahooショッピング・楽天ショッピング


CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。