長命堂 飴もなか CASEShinjukuいただき物語 その49


長命堂 飴もなか

漫画原作者の猪原大介さんより、新潟のお土産で長命堂の「飴もなか」をいただきました。
GWは、新潟に帰省されていたそうです!

ごく普通の最中かと思って受け取ったこちらの最中。
食べてみると、良い意味で想像を超えた最中でした!
その中身はあんこではなく、「水飴」でした!割ってみると、水飴がとろーんと伸びるのです。より正確にいえばびよーーーーんかもしれません、思った以上に伸びます(笑)
お味の方は、甘すぎず意外とあっさりしていて、食べやすいです。皮も、パリっとしていて、水飴が入っているのに湿気っていることはありません。

しかも、こちらの最中「銘菓」ではなく「珍菓」なのです。
確かに、発想が斬新で珍しいお菓子ですよね。「珍菓」という呼び方の方がぴったりかもしれません。

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

長命堂 飴もなか


この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。