春華堂 うなぎパイ CASE Shinjuku いただき物語 その48


春華堂 うなぎパイ

スマートアルゴリズムの齋藤和也さんより、静岡県浜松名物のうなぎパイをいただきました!
うなぎパイといえば、静岡浜松!!ですよね。

多くの方に定評のある人気のお土産です。サクサクのパイ、バターの香ばしい香り、ザラっとしたお砂糖の食感があと引く美味しさです。
春華堂のうなぎパイは昭和36年からひとつひとつ手作りで、丁寧に作られています。
当時ではまだ馴染みのなかったフランス菓子「パルミエ」を基本としたそう。そのパルミエと、浜名湖の名物「鰻」を掛け合わせて、このうなぎパイが完成したそうです。魚介類とお菓子を合わせるとはとても斬新ですよね!
私は、形が鰻っぽいというだけで味は鰻とは関係ないと思っていましたが、しっかり鰻の成分が入っているのです!!これには、とてもびっくりでした。
今度食べるときは、鰻の味をしっかり味わって食べたいと思います!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

春華堂 うなぎパイ


この記事を書いた人

Avatar photo

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,500円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。