「HHKB Studio専用キューシンマット」を貼りました!とてもオススメです!!


みなさん、こんにちは!CASE Shinjuku(以下CASE)の山﨑です。

HHKBキーボードの公式「タッチ&トライスポット」になってから、「使ってみたい!」という方のDrop-inご利用が多く好評です。
HHKBキーボードをより快適にご利用いただくために、キーボードの裏に、バード電子さんの「HHKB Studio専用キューシンマット(KMG-ST)」を貼りました!
今回のブログは「キューシンマットを貼ったよ~」というシンプルなブログですが、HHKBキーボードでより快適に作業をしたい方はぜひ読み進めてみてください!

「HHKB Studio専用キューシンマット」はこんな風に届いた!

タイピング時の振動を抑え、滑りにくくしてくれるのがキューシンマットです。
貼る前のステッカーはこんな感じ。2カ所に貼るタイプです。

背面に「HHKB Studio専用キューシンマット」を貼っていきます!

まずは貼る位置を決めていきます。
とてつもなく真剣ですが、貼る面が逆になっているという、ただのアホが写っている写真です。
とはいえ、「NO HHKB NO LIFE」のTシャツを着て、キューシンマットを貼るという熱い姿勢は、誰にも譲れません(笑)

「YouTuberを気取っているのですか?」と突っ込まれてもおかしくありません。
貼る様子を動画にもちゃっかり納めました。

どんどん貼っていきますよ~。マスキングテープや、定規を使った方がいいかと思いましたが、「私、失敗しないので」という強気な姿勢で、一切の道具を使わず貼っていきました。(どこかで聞いたことがあるせりふ…)

貼ったら早い!ペロッと台紙を剥がしていきます。
もう少しで完了です!

キューシンマットを貼ったHHKBキーボードの完成!
貼るまでが緊張しましたが、貼ったらこっちのものですね!(笑)
10分もかからず貼れたと思います。
キーを打ってみると、​打鍵音がより軽減している印象がありました。
マットを貼らなくてもズレは少ないですが、より安定感が出るようになりました。
机の素材によっては、強力に固定されすぎることもありますが、快適に作業ができることは確かです!
またキューシンマットを貼ると少し高さがあがるので、松葉製作所さんのパームレストも一緒にご活用いただくと、最高の仕事環境が完成します!

「キューシンマットを貼ったHHKBキーボード+松葉製作所さんのパームレスト」で、仕事のパフォーマンスが爆上がりすること間違いなし!

CASEに展示してあるHHKBキーボードで、キューシンマットを貼っているのは2台!
ぜひ、貼っているキーボード、貼っていないキーボードの比較もしてみてくださいね!

以上、シェアオフィス&コワーキングスペースCASE Shinjukuの山﨑でした!


この記事を書いた人

アバター画像

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,500円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。