「オスモ(osmo)」を使ってさまざなテーブルを塗装しました!


こんにちは!新宿区高田馬場にあるシェアオフィス&コワーキングスペースCASE Shinjukuの山﨑です。

最近CASEにいらっしゃってくださった方は、お気づきになられたかもしれませんが、さまざまなテーブルがCASEのDIY部によって生まれ変わっています!

まずはコワーキングスペースのダイニングテーブルを「オスモ」で塗装!

コワーキングスペースにあるテーブルの中で一番大きいこちらのダイニングテーブルから着手したDIY部。

着手前のダイニングテーブル

「最初は小さいテーブルから対応すれば良かった…。」と若干後悔していたDIY部でしたが、素敵に仕上げてくれました。

やすりで研磨して、マホガニーという色のカラーウッドワックスを塗り、その上につや消しのカウンタートップオイルを塗っています。
前回公開したブログに工程を細かく載せているので、これからDIYをする予定の方はぜひご参考ください!

小さめのダイニングテーブルを「オスモ」で塗装!

懐かしさを感じるダイニングテーブル。おじいちゃん、おばあちゃんの家に行くと、こういうテーブルありましたよね!

このテーブルの素材はホンジュラス・マホガニーです。これからDIY部の手によって生まれ変わりますよ!

スライドして完成までの模様をご覧ください!

完成です!

このダイニングテーブルに塗ったカラーウッドワックスもマホガニー色なのです!
最初のダイニングテーブルにもマホガニー色を塗りました。同じ色を塗っているのに、木によって色に違いが出るんですよね。
自然ってすごい!と感銘を受けました。

最後はカフェテーブルを「オスモ」で塗装しました!

カフェテーブルは、最近できたベンチシートと一緒に使っているテーブルです。
正方形でコンパクトなかわいいテーブルです。塗装前がこちら。

ここからどんな風に変わっていくのでしょうか…。

3枚目の写真でお分かりいただけると思いますが、研磨をしているうちに、夜になったそうです(笑)
すごい集中力です!完成したカフェテーブルがこちら!

以前の色も良いと思っていましたが、こちらのほうが温かみがあっていいですね!
カフェテーブルに塗ったカラーウッドワックスもダイニングテーブルに塗った色と同じだとお気づきでしょうか?
このカフェテーブルの木はひのきなんですが、ひのきの特性なのか、色が入るところと入らないところがありました。その色のムラが逆におしゃれで、自然な感じが出ています。

木によって色の入り方が変わり、印象や雰囲気が変わると知れたのは、今回塗装をして得た大きな収穫のひとつです。

どのテーブルも思い出深きCASEの宝物

コロナウィルス感染症が流行する前は、メンバーさんとテーブルに集まって一緒にランチをしたり、夏祭りやクリスマス会などのイベントをしたり、飲み会や、女子会をしたり、いろいろな交流がそこにはありました。思い出がギュッと詰まったテーブルたちです。

10月にようやく緊急事態宣言が明けましたが、これからどうなっていくのか誰もまだわかりません。
それでも、来年、再来年あたりにはきっと状況がよくなるだろうと信じています。
そのときには、生まれ変わったテーブルに思い出を刻んでいけたらいいなと思っています!

以上、新宿区高田馬場にあるシェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjukuの山﨑でした!


この記事を書いた人

山﨑 由夏

いつも記事をお読みいただき、どうもありがとうございます!
CASEで仕事をしながら、歌手活動をしています。将来は東京ドームでファンを魅了する歌手になっていると思いますので、是非今のうちにCASEに会いに来てくださいね(笑) YouTubeに良かったら遊びに来て下さい!(笑)
https://www.youtube.com/user/ga79gayy

ブログを楽しみながら読んで頂きたいと思い、楽しみながら書かせて頂いております。スタッフみんなで書いているブログが、「CASEで仕事してみたいな。」「楽しそうなイベントやっているけど参加してみたいな。」などの、CASEに立ち寄るきっかけになったら嬉しいです。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。