札幌時計台 チーズクッキー CASE Shinjuku いただき物語 その206


サンワークス・土江さんより、札幌のお土産をいただきました。
ありがとうございます!

札幌時計台をモチーフにした、かわいい箱のチーズクッキーです。

甘さ×しょっぱさ=おいしい!

時計盤が描かれた白い蓋をあけると、なかの箱は赤。
白と赤の組み合わせは、白い壁に赤い屋根の時計台と同じ配色ですね!

このチーズクッキーは明治38年から続く札幌の老舗菓子メーカーと、北海道キヨスクが共同開発した、北海道ならではのオリジナル商品なんだそう!

クッキーは手のひらサイズで、こんがり焼けた表面にぽつぽつと穴が空いていて、一見するとクラッカーのようです。

袋を開けると、ふわっとチーズのいい匂いが広がりました。甘くないタイプのクッキーなのかなと思いきや、食べてみるとクッキーらしい甘みがしっかり感じられます。
それでいてチーズの塩味もしっかりあり、甘さとしょっぱさがあわさった独特のおいしさ!おやつにもおつまみにもなりそうです。

札幌時計台とは

札幌でもっとも人気の観光スポットのひとつ、札幌時計台。
正式名称は「旧札幌農学校演武場」 といい、明治11年(1878年)に建設されました。
現存する日本最古の時計塔で、国の重要文化財にも指定されています。

時計台の文字盤の下には、赤い星のマークがつけられています。そういえば、チーズクッキーのパッケージにもありました!
この星は明治2年(1869年)に設置された北海道開拓使が旗などに描いた、「五稜星」がルーツなんだそうです。
(参考:ようこそSAPPORO「札幌市時計台」)

札幌観光協会のサイトをのぞいてみると、札幌時計台の画像がたくさんありました!
夏場は青空のもと木々の緑に包まれ、

ようこそSAPPORO 観光写真ライブラリー より

冬場は雪景色にとけこむようにたたずんでいます。

ようこそSAPPORO 観光写真ライブラリー より

四季折々の魅力がある札幌時計台。
北海道へ行かれた際は、ぜひ訪れてみてください!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

札幌時計台 チーズクッキーについて

  • 札幌時計台 チーズクッキー
  • 菓か舎(株式会社 三八)
  • http://kakasha.com/
  • 北海道、オンラインショップ


春の入会キャンペーン
春の入会キャンペーン

この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。