くまもと いきなり団子風プチシュー CASE Shinjuku いただき物語 その78


くまもと いきなり団子風プチシュー

 

長い期間、シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku を利用して下さっているメンバーさんから、熊本県のおみやげをいただきました!
日本国内どころか、世界各国でも有名な くまモン がかわいい 「いきなり団子風 プチシュー」 です!
しかし気になりますね… いきなり団子 “風” って!(笑)

そもそも、いきなり団子とは…?
関東で暮らしている私にはあまり馴染みがない名前のお団子です…
そこで早速調べてみました!

熊本県の一般家庭で作られ続けている伝統的な郷土菓子のことで、主にさつまいもと餡を小麦粉で練った生地に包み、お団子というよりは、おまんじゅうに近い形にして蒸したらできあがり!というものだそうです。家庭で、比較的簡単に作ることができるため、お客さまがいきなり訪ねて来ても、おもてなしとしていきなり出せるから「いきなり団子」という名前になったという説もあるそうです。
なるほどー!
自分目線ではなくて、お客さまのために…という気持ちが名前に表れるって、とっても日本人ぽいなーと思います。すてき!

さて、この「いきなり団子プチシュー」はと言いますと、もちろんおまんじゅうではありませんので、熊本県産のさつまいも「紅はるか」と餡の風味が漂うクリームを、プチシューの中に詰めました!とのことです。
「いきなり団子」の定義である、さつまいもと餡を生地で包んだ…は、ぎりぎり果たしていると思います!
なにより、いきなりのお客さまにすぐ出せるのは間違いなし!それに関しては完璧に「いきなり団子風」を名乗れると思います!

そんなプチシューですが、封を開けるとかわいいシューが出てきました!

気兼ねなくひとくちでいけるサイズです!ぱくっと食べてみると、さくさくのシューのなかのクリームはやさしい甘さでした。紅はるか…かどうかを判別するのは難しいですが、和風の甘さを感じることができたので、ちいさいながらもきちんと「いきなり団子」を表現できているのでは!?と思いました!
おやつコーナーに置いておきますので、皆さまもどうぞちいさな熊本県の味をご堪能ください~!!

ちょっと記事として短い気がするので、最後に「豆知識」をひとつ…

くまモンは……  公務員である!

くまモン自己紹介 より)
以上!
すてきなおみやげをありがとうございましたー!

「いただき物語」には、一つ一つの物語があって、そこから得られるたくさんの示唆があります。

 

くまもと いきなり団子風プチシューについて

・くまもと いきなり団子風プチシュー
・有限会社 熊本ユタカ
・熊本県内ギフトショップ、オンラインショップ通販
https://item.rakuten.co.jp/kimusato/yfpc20/

 


CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。