超短焦点プロジェクター RICOH PJ WX4152をコワーキングスペースに導入しました!


新宿区高田馬場にある新宿区立高田馬場創業支援センターコワーキングスペースCASE Shinjukuを運営しています有限会社そーほっとの田中健一朗です。

コワーキングスペースのプロジェクターが2台になりました!

このたび、CASE Shinjukuでは、RICOHのプロジェクター PJ WX4152を導入しました!これで、プロジェクターを2台同時にご利用いただける環境が整いました!

同日に勉強会が2つ開催されても、それぞれもスペースでハイスペックなプロジェクターをご利用いただくことが可能です。

これまであった短焦点(学校向け)プロジェクターのRICOH PJ WX4241、新しく購入したRICOH PJ WX4152、ともにハイスペックなプロジェクターです(自分で書くのもあれですが、、、)。

RICOH PJ WX4152
新たに導入したRICOH PJ WX4152

新しく導入したRICOH PJ WX4152の凄いポイント!

RICOH PJ WX4152は、ミラー反射式超短焦点プロジェクターにおいて世界最小・最軽量で、壁掛け設置や机上投影に対応した小スペース向けプロジェクターです。

RICOHのサイトでは「超短焦点プロジェクター」とカテゴリ分けされており、スクリーンまで11.7CMの超至近距離に設置しても投影が可能なモデルになります。普通のプロジェクターだと机の上に置くことになるため、一定のスペースを取ってしまうのですが、PJ WX4152だとそのスペースが有効活用できます。

とても小さいのもPJ WX4152の特徴の一つです。幅257mm、高さ221mm、奥行き144mm、重量は約3.0kgです。PJ WX4241は、幅297mm、高さ100mm、奥行き235mm、重要は約3.1kgです。

スペックだけ比較すると分かりにくいですが、実機から受ける印象は一回りくらい小さいです。比較した画像をご用意しましたので、ご覧下さい。

PJ WX4152とPJ WX4241の画像
RICOHのPJ WX4152(右)とPJ WX4241(左)

OH!コンパクト!!

RICOH PJ WX4152とPJ WX4241の主なスペック

CASE Shinjukuにある2つのプロジェクターの主なスペックを比較してみました。

PJ WX4152(今回の導入機) PJ WX4241(以前の導入機)
方式 単板DLP®方式 単板DLP®方式
画素数 1,024,000画素(1,280×800) 1,024,000画素(1,280×800)
アスペクト比 16:10 16:10
出力光束 3,500lm 3,300lm
色再現性 約10億7,300万色 約10億7,300万色
コントラスト比 13,000:1 13,000:1
投写画面サイズ 48~80型 60~400型
投写距離 11.7~24.9cm 0.61~4.30m

※株式会社リコーのホームページから引用しました

基本的なスペックはびっくりするくらい似ています。違いといえば、出力光束が少し違うこと、それから投射画面サイズには大きな違いがあります。入力端子はともにHDMI、D-sub15ピンとRCAです。

RICOH PJ WX4152の入力端子
RICOH PJ WX4152の入力端子
RICHO PJ WX4241の入力ポート
RICHO PJ WX4241の入力端子

大きなスクリーンを使う場合はPJ WX4241のほうが、小さい空間でスペースを有効活用したい場合は、PJ WX4152が向いているようです。

しかし、改めて見るとPJ WX4241の投写画面サイズ400型って凄いですね!ちなみにCASE Shinjukuにあるスクリーンは100型です!まだまだ大きいスクリーンでも大丈夫ということですね。

RICOH PJ WX4152を実際に投影してみた

実際にPJ WX4152を設置して投影してみました。

明るい!!

RICOH PJ WX4152を投影している様子
100インチのスクリーンに投影しています

どうですか!?
すっきり!!!

RICOH PJ WX4152とスクリーンの距離を測定している様子
PJ WX4152とスクリーンの距離を測定します

この距離感!
近い!

RICOH PJ WX4152とスクリーンの距離を測定している様子
約30センチメートルでした!

スペースを少しでも有効活用したいコワーキングスペース運営者の方に本当にオススメです!
ぜひ、CASE Shinjukuでのイベントや勉強会でご活用ください。

本日ご紹介しましたプロジェクターの詳細は下記リンクをご参照ください。

・RICOH PJ WX4152(新しく導入したほう)

・RICOH PJ WX4241(以前からあったもの)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。