コワーキングスペースに配架ラックを設置しました!


こんにちは!新宿区高田馬場にあるシェアオフィス&コワーキングスペースCASE Shinjukuの山﨑です。

CASEにはみなさんのお役に立つたくさんの資料が置いてあります。
これから起業をしたい、事業の資金が必要、プログラミングを学びたい、コンテストに応募したいなど、目的別にさまざまな資料があります。
それらたくさんの資料がパッと見てわかりやすい配架ラックをコワーキングスペースに設置しました!

机がスッキリ!

ラックを設置する前までは、それぞれの資料をクリアファイルに入れて机に並べていました。
資料が増えるにつれ、資料同士が重なり、見にくく、どんな資料があるかわかりにくい状態になっていました。筆記用具コーナーもあるため、なんとなくごちゃごちゃしていて少々見栄えも、使い勝手も悪い状態になっていました。

しかし!配架ラックのおかげで、机がスッキリし、ちょっとした作業をするためのちょうどいいスペースができました!

ホチキスやクリップで資料をまとめたり、印鑑を押したり、封筒をはさみで開けたり…。便利なスペースが生まれました。

実はDIYなんです

CASEの雰囲気にとてもマッチしていませんか?実はDIYで作ったラックなんです!
元々は何の変哲もない白い壁でした。

コンパネと壁付けタイプのパンフレットラックを買ってきて作りました。
あっ、もちろん私はこんなすてきなものは作れませんので、DIYが得意なスタッフが作りました。

すべての資料を入れてみると…

とてもスッキリと、どんな資料があるか一目でわかるようになりました!
こうやって資料を入れてみて気がついたのですが、パッと見てどんな資料があるかわかるのは、資料上部に大きな文字のタイトルがあるからなんですよね!
デザイナーさんはチラシやリーフレットを作るとき、発注元にどういうかたちで資料を置くのか、事前に確認をすることがあるのだそうです。配架に合わせて、タイトルなどを見やすい位置にレイアウトするそうです。ただ実際に現場に行くと、全然違うかたちで置いてあった、なんてこともあるそうです。
多くの資料はこうした配架ラックに置かれることを想定され、作られているのですね。
日常生活でよく目にするモノにこそ、こうした工夫がされているんだぁと感心しました。

CASE Shinjukuは東京都の認定インキュベーション施設です

資料の多くは創業サポートのことや、融資について、新規事業開設など、創業関連のものです。
資料から有益な情報を得られることはもちろんのこと、CASE Shinjukuではメンバーさんからの創業や融資のご相談なども承っております。
これから会社を立ちあげたい!融資を受けるには?など、必要としている情報がございましたら、CASE Shinukuをご活用ください。

以上、新宿区高田馬場にあるシェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjukuの山﨑でした!


この記事を書いた人

山﨑 由夏

いつも記事をお読みいただき、どうもありがとうございます!
CASEで仕事をしながら、歌手活動をしています。将来は東京ドームでファンを魅了する歌手になっていると思いますので、是非今のうちにCASEに会いに来てくださいね(笑) YouTubeに良かったら遊びに来て下さい!(笑)
https://www.youtube.com/user/ga79gayy

ブログを楽しみながら読んで頂きたいと思い、楽しみながら書かせて頂いております。スタッフみんなで書いているブログが、「CASEで仕事してみたいな。」「楽しそうなイベントやっているけど参加してみたいな。」などの、CASEに立ち寄るきっかけになったら嬉しいです。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。