ゲーセン ミカドのミカドちゃんデザインのうまい棒 CASE Shinjuku いただき物語 その215


田中さんから、ゲーセン ミカドさんのうまい棒をいただきました(汗)
ありがとうございます!

数量限定!ミカドさんのオリジナルうまい棒

「ゲーセン ミカドさんでゲットしてきましたよ!」と田中さんからふいに渡されたうまい棒。スーパーやコンビニなどでよく見かけるうまい棒とはあきらかに違うデザイン。CASEから徒歩5分ほどのところにあるゲーセン ミカドさんのオリジナルうまい棒です☆

6月に新しく登場した景品なのだそう。数量限定ということもあり、ファンはほしくなっちゃいますよね!

いくらでゲットされたのか聞いたところ、800円を使ってがんばりました!とのことでした(笑)
3本入っているので、1本約250円!高級うまい棒!ミカドブランドが上乗せされているから、妥当な金額なのかもしれません(笑)

デザインされているのは、ミカドさんのイメージキャラクターミカドちゃん。ミカドちゃんだけでなく、「帝」のロゴマークが入っていたり、色合いが統一されていたり、細部にわたってこだわりを感じます。

そういえば、何味って記載されていないことに気づきました。
もしやミカドちゃん味とか!?ゲーセンに行った気分にさせてくれる味とか!?といろいろ想像を膨らませてみました(笑)
しかし、ミカドちゃんの顔をよーーーく見ると、何かが透けて見えます。

封を開けて中身を確かめなきゃいけないのか!封を開けるなんて、もったいなさすぎる!私なんかが開けていいのか!ファンだったら、開けずにクリアボックスとかに入れて飾るんだろう…

という申し訳ない気持ちで開封の儀に挑みました。

あ!!!

ミカドちゃんが脱皮をすると、うまえもんになるんですね!(うまい棒のあのイメージキャラクターがうまえもんだってことをこの機会に初めて知りました(笑)国民的”何か”に似ていることから、この名前が付いたそうですが、言われてみれば…似ているかも知れないけど(笑)おいっ!ってつっこみたくなる名前ですね!)

ちなみに私がいただいたのはめんたい味でした!他の味もあるんでしょうか!?

ゲーセン ミカドさんがすごい!

ゲーセン ミカドさんは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月8日から臨時休業されていました。
休業中は、クラウドファンディングを実施されていて、『ゲーセンミカド ~存亡の危機を乗り越え「前を向いて進む!」~』という内容で、多くのファンからの支援、応援があったそうです。目標額が2,000万円だったところを、大きく上回り、最終的には3,700万円以上の支援金が集まっていました。ゲーセン ミカドさんは多くのファンに愛されているんだなぁと感じました。

また、連日ゲーム実況をYouTubeで配信されたり、LINEを使ってゲームセンターに来ることができないファンが喜ぶ企画に取り組まれたり、どんな時でもファンに喜んでもらいたいという熱い想いが伝わってきました。

東京都が「東京アラート」を解除し、ステップ3に移行したあと、66日ぶりに営業を再開されました。待ちに待ったお客さんたちが、開店直後にお店に入っていく光景が印象的だったようです。

ミカドさんの取り組みの詳細は、高田馬場経済新聞でご覧ください!

ミカドさんには2回ほど行ったことがありますが、また行きたいですね!誰か一緒にゲームしましょう!(笑)

田中さん、ありがとうございました!

ミカドちゃんデザインのうまい棒について

  • ミカドちゃんデザインのうまい棒
  • ゲーセン ミカド
  • http://mi-ka-do.net/
  • 「ゲーセン ミカド」の池袋店、高田馬場店

この記事を書いた人

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

シェアオフィス&コワーキングスペース CASE Shinjuku

CASEには、背景、課題、事例、真実、箱などの意味があり、「様々な背景を持つ人たちが集まり、交流や出会いを得ることで、それぞれの課題を解決出来る空間」、「解決された課題を事例として蓄積し、真実に近づくことが出来る空間」という想いを込めています。

CASE Shinjuku Information

  • コワーキングスペース利用 1時間 : 500円 〜
  • シェアデスク24時間利用 月額 : 27,000円〜
皆様のご利用をお待ちしております。CASE Shinjukuのプランについて詳しく見る。
最新のスタッフブログやインタービュー記事などはこちらから CASE ShinjukuのTOPページを見る。